快く引き受けてもらうために!結婚式でスピーチや余興をお願いする際の3つのポイント

直接会ってお願いするようにしよう!

最近では、連絡を取り合うのにメールで済ませる人が多い傾向にあります。しかし結婚式での余興やスピーチをお願いする際に、メールや電話だけで済ましてしまうと、相手に対してとても失礼になります。これはどれだけ親しい間柄であっても、同じ事です。自分の結婚式のために多くの時間をかけて準備をしてもらうのですから、ここはちゃんと礼儀を守る必要があります。遠方などでどうしても直接会う事が出来ない場合を除き、会って直接お願いするようにしましょう。

依頼する時期はいつがいい?

余興やスピーチには多くの準備期間が必要になるため、依頼する際には出来るだけ早めが良いでしょう。特に複数人で行う余興などは、打ち合わせをするのに日にちを合わせるのが難しいので早めの方が何かと都合がききます。あまりに直前にお願いしてしまうと、相手に大変な思いをさせてしまう事になったり、断られたりする事がありますので、注意が必要です。結婚式の準備で忙しいですが、余興やスピーチをお願いする人を決めるのも早めにするようにしましょう。

依頼する際には、何を伝えるべき?

余興やスピーチをお願いする際には、式場の場所やどのような設備があるのかなど細かい情報を伝えておく必要があります。またその際に、自分達に何か協力出来る事はないかを確認しておく方が良いです。ただお願いして、結婚式の当日まで何も連絡をしないのでは、相手に不安を与えてしまう事になります。出来るだけ会場の雰囲気が分かるようにしっかりと伝え、前後はどのような流れになっているのか、どれくらいの時間があるのかも伝えておきたいですね。

長崎の結婚式場は素敵な式場が多く、魅力的と感じる事が出来る要素が多いので、長崎で式場を決める新婚は多いです。