こんなに大事!結婚式の見積もり時の値切り交渉

結婚式を挙げることになったら

結婚式とは、両親やお世話になった方に対する感謝を述べる場所でもあり、これからの人生、夫とともに歩んでいこうときっかけを演出してくれる場所でもあります。女性なら人生に一度は結婚式をあげたいと思います。しかし、結婚式の費用は思っていたよりも高く、なかなか結婚式をやる余裕がないというカップルも多いかもしれません。しかし、結婚式をやろうと決断し、プランナーとの値段交渉によっては、安く結婚式を挙げられるかもしれません。

どのようなことをやりたいかよく考えておくことが重要

結婚式を挙げたいと思ったら、結婚式場を見学する前に、自分達が結婚式で何をやりたいかを考えることが大切です。例えば、挙式はキリスト教式にするのか、神前式にするのかなど・・。これによって、見積もりの値段も大きく変わってきます。また、披露宴ではどのようなことをやりたいのか、式場のプランナーさんも気軽に相談にのってくれるので、見積もりを作成する時も自分達がやりたいことを入れて、現実に近い見積もりを出してくれるかもしれません。

値段の交渉は大切!思ったことを伝えることが重要!

式場見学の後に重要となってくるのが、値段の交渉です。せっかく、お気に入りの式場があったのに、値段が高くて諦めるしかない。値段が最初の見積もりと大幅に上昇するのは怖いなど。このようなことを避けるために、自分達でプランナーさんと交渉することが大切です。自分達がどこにお金をかけたいかなどです。例えば、お花です。お花を豪華にしたいなど、プランナーさんに言ったら、プランナーさんによっては値引きをしてくれるかもしれません。

大きな結婚式だと大切な親族は置いてきぼり…そんな光景を良く目にします。今日までの有難うの気持ちを伝え、これからの幸せを誓う結婚式なら親族のみの小さな結婚式がお薦めです。